引っ越しを安くすませる方法

一括見積で業者比較


引っ越し費用を節約する上で最も大切なことが業者の比較です。
インターネット上の一括見積りを利用して複数の業者から見積もりを取りましょう。

基本料金は引っ越し業者ごとに異なっています。
そのため、少しでも安い業者を探すためにも費用の見積もり・比較が重要です。

また、一括見積りを取ることで自然と相見積もりになります。
業者間で競争が発生し、値引幅が広くなりますので、活用しない手はありません。

一括見積もりサイト

安い時期を選んでお得に引っ越し


引っ越しのタイミングを間違えて費用が高く付いてしまった、というケースは珍しくありません。
よく引っ越し費用が高いと言われてますが、それは引っ越す時期が影響している方です。
1円でも安く済ませたいのであれば、タイミングをしっかりと考えたほうが良いでしょう。

引っ越しをする人が増加する時期は3月~4月の上旬頃です。
一人暮らしを始める新社会人・学生や新生活を始める人の増加、人事異動による単身赴任・転勤などが理由です。
この時期は業者への引っ越しの依頼が急増するため、業者にとっての繁忙期と言われています。

繁忙期に引っ越しを申し込むと、予定通りに引っ越せなかったり、断られたりする場合もありますが、通常期よりも料金が高くなる傾向があります。
通常期と繁忙期と比較した場合、費用が最低でも1万円、高いと5~6万円も変わってくることがあるのです。
金額的に大きな違いがありますので、引っ越し費用が高く付いた方は繁忙期を選んで引っ越したと考えられます。

繁忙期は引っ越し業者も大忙しのため、通常料金で請け負ってくれることはまずありません。
しかし、繁忙期以外の時は暇を持て余す業者も多く、値引きしてもらえる可能性があります。
引っ越しを安く済ませるなら、できるだけ繁忙期を避け、通常期に引っ越しを済ませるのが良いでしょう。

例えば4月から新生活を始める方は、一足早く2月末に引っ越しを済ませると費用が安くなります。
特に時期を問わないのであれば、4月中旬が過ぎてから引っ越しをするのが良いでしょう。

また、土日祝よりも平日のほうが基本料金も安いため、引っ越し予定を平日にするのもおすすめです。
スケジュールを早めに組み、土日祝日に被らないようにすると良いでしょう。

いずれにしても引越し業者の比較や見積もり、料金相場のチェックは必要です。
相場より安く済ませることが理想ですので、最初に相場を確認しておくと良いでしょう。
ただし、引っ越し先までの距離や、通常期と繁忙期で相場が異なる点には注意が必要です。

自分で荷造りして経費削減


引っ越しで最も大変な作業は荷造りかと思います。
スケジュールに余裕を持って荷造りしなくてはいけませんし、効率を上げるなら計画的に行わなくてはいけません。
しかし、忙しくて時間がほとんど取れない方、そもそも面倒だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このような場合、引っ越し業者に荷造りをすべて任せてしまうことが多いでしょう。

引っ越し業者が荷造りしてくれるプランも少なくありませんが、実は基本料金が高く、引っ越し費用が増す大きな原因となっています。
確かに面倒な作業を任せられるので時間の節約に繋がるものの、料金は高くなってしまうので注意が必要です。
よほど時間が無い場合や、間に合いそうにない時以外は損をしてしまう可能性が高いでしょう。

反対に荷造りを自分で行えば費用の削減となります。
引っ越し業者が提供する引っ越しプランは様々ありますが、荷造りを自分で行うプランは基本料金が抑えられているためです。

荷造りを引っ越し業者に任せるか、自分で行うかによって、最終的な料金が数万円も違ってくる場合もあります。
荷造りの有無で、費用面には大きな違いが出てくるのです。

一人暮らしの方はもちろんながら、家族で引っ越しを行う時も同じです。
中でも家族の引っ越しは荷物の量が多くなりがちですが、業者に任せることは避けるべきでしょう。
料金が大幅にアップする原因となっているためです。
その分引っ越し作業員の数と作業時間が増えることから、数万円ほど高くなる可能性もあります。

梱包方法

引っ越しをする際は、自分で荷造りを行うことが重要です。
ただし、時間に余裕を持ち、隙を見て少しずつ梱包していきましょう。
できれば引っ越し予定の3週間~2週間前には始めることが望ましいです。

荷造りを始める時は、まず荷物を大まかに分別しましょう。
衣類は衣類、食器は食器のように、必要な荷物を分けてから始めると効率がアップします。
同じものは同じダンボールに詰め込むことも重要です。
割れ物は新聞紙やエアパッキンで包みましょう。

また、ダンボールへ詰め込む順番も考える必要があります。
例えば使わない衣類や読まない書籍などの不用品から詰め込み、使うものは前日~当日にまとめて詰めるなど、荷造りの工夫が重要です。

ページ上部へ戻る