不用品買取を利用して節約

02.05

不用品買取を利用して節約 はコメントを受け付けていません。

不用品買取

どこで売るのがベストなの?

引っ越しの時に出た不用品を売る場合、まず浮かぶのがリサイクルショップでしょう。
しかし、高価な品物などであれば専門の買取店・業者へ売るのもおすすめです。
例えば家具であれば、家具の買取店に売ったほうが高くなる場合も珍しくありません。
リサイクルショップなら様々な品物を売却できますが、少しでも高く売りたい時は専門買取店の利用も検討してみましょう。
ただし、売りたい不用品によってお店を使い分ける必要があります。

出張買取サービスでまとめて処分

近くに買い取ってくれるお店がない方もいらっしゃるかと思います。
また、持って行く時間がない・大きくて持ち運ぶのが大変…など、お店まで行くことが難しいケースも考えられます。
ほとんどのお店は店頭まで持ち込んで買い取ってもらわないといけませんが、近所にお店がない・運ぶのが難しい時は出張買取サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

出張買取とは、自宅まで業者が買い取りに来てくれるサービスです。
不用品の出張買取に対応したお店や業者は多く、自宅にいながら不用品を処分できるのが強みです。
大きめのトラックで来てくれる場合もありますので、まとめて売却したい場合にも便利でしょう。

また、出張買取は自宅の玄関先など、目の前で査定と買取を行ってくれることがメリットです。
目の前で査定してくれる安心感もありますし、その場で買い取ってくれるためすぐに現金化できます。
似たような方法に宅配買取がありますが、査定風景が確認できない・買取に時間が掛かるなどの欠点があるため、買取スピードでも出張買取が勝ります。

店頭への持込み買取と比較してもメリットは多いでしょう。
お店まで不用品を運ばずに済みますし、貴重な時間を取られずに済むのが利点です。
まとめて買い取ってもらえることから、多量の不用品を売りたい時にも便利なサービスです。

ただし、メリットの多い出張買取にも注意点があります。
特に出張買取対応エリアには気をつけたほうが良いでしょう。
お店によっては対応してくれる場合もありますが、対応エリア外だと断られることもあります。
前もって確認したり、お店へ問い合わせてみましょう。

なんでも買い取ってもらえるとは限らず、一部有償処分になる可能性もあります。
特にリサイクルショップでは注意が必要で、不用品でも値が付けられないものは処分料が発生する場合があることに気をつけましょう。
値がつかなかったものは、地域の不用品回収業者で処分してもらうのもおすすめです。

地元の掲示板「ジモティー」

引っ越しの際に出てしまう不用品は、買い取ってもらえない品も少なくはありません。
しかし、まだ使えるのにもったいない、タダでもいいから持っていって欲しい、と感じることもあると思います。
このような時は、ジモティーで誰かに譲ったり、売ったりしてみてはいかがでしょうか。

ジモティーはインターネット上にあるサービスで、不用品などを譲る・売ることができます。
ネットオークションに少々似ていますが、誰かにタダで譲ることもできる点が大きな特徴です。
全国の自治体が「譲ります」情報を掲載していることもありますが、それの全国版がジモティーと言えます。

全国どこに住んでいても利用できるのがジモティーの魅力で、様々な品物を出品できます。
例えば家電や家具はもちろんながら、服やバッグ、おもちゃや雑貨、更には車やバイクまで、ありとあらゆる不用品が出品されています。
非常に細かくカテゴリ分けされていますが、出品自体も無料で可能なため、気軽に使える点もメリットと言えるでしょう。

引っ越しの際に出た不用品をジモティーで出品すれば、お金をかけずに処分することが可能です。
基本的に直接引き取りに来てもらうか、特定の場所まで取りに来てもらうことが前提のため、発送の手間をかけずに処分できます。
ただし、人によっては発送を希望する場合もありますので、事前に条件を設けて投稿すると良いでしょう。

なお、タダではなく有償で譲ることも可能になっています。
この点はネットオークションと非常に似ていますが、直接会ってやり取りする点が異なります。
タダで譲るのはもったいない、と考えている不用品は多少値を付けて投稿することをおすすめします。

ジモティーを活用すれば、買い取ってもらえなかった不用品を処分できるだけでなく、引っ越し費用の節約にも繋がります。
引っ越し業者の料金は荷物の量により変わりますので、荷物が少なくなれば相対的に費用も安くなるからです。
また、不用品の処分料を支払わず済むようになるため、出費そのものを抑える結果に繋がるでしょう。
ただし、どのような不用品でも貰ってくれる方がいるとは限りません。
中々引き取り手が現れない場合もありますので、時間がない時は業者に買取や処分を依頼しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る