役所手続き

02.28

役所手続き はコメントを受け付けていません。

各種手続き

転入届と住民票の取得

新居へと引っ越した後、まず最初に役所でするべき手続きが転入届です。
転入届は、新しい住所へと住民票を移すために必要な手続きで、市区町村役所の住民課などで提出します。
その際には、旧住所地で発行してもらった転出証明書が必要になります。
これがないと転入届を提出できませんので、必ず旧住所で転出届を提出し、証明書を貰っておきましょう。
なお転入届の提出期限は引っ越しから14日以内とされています。
なるべく早めに手続きすることをおすすめします。

転校書類の手配

もし子供がいる場合は、引越にあわせて転校しないといけないことも多いかと思います。
校区や自治体などが変わる時は転校の各種手続きや書類の手配が必要になるため、早めに始めると良いでしょう。
最低でも引っ越し1ヶ月前から始めることが望ましいと考えられます。

転校の際に必要な書類は、「在学証明書」と「教科書給与証明書(単位修得証明書)」、「入学通知書」と新住所地の「住民票」の4つです。
他にも書類が必要になる場合もありますが、大半の学校ではこの4つを必要書類としています。

転校する場合、まずは現在通っている学校で転校する旨を伝え、転校確認書を受け取ります。
次に役所で転出届と転校確認書を提出すると、転出証明書が発行されますので、これを現在通っている学校へ提出しましょう。
そして在学証明書と教科書給与証明書を受け取ります。
高校の場合は教科書給与証明書の代わりに単位修得証明書が発行されます。

引っ越し後は新住所地の役所で転入届を提出し、新しい住民票を発行してもらいましょう。
次に役所か自治体の教育委員会へ住民票を提出し、転入学通知書を受け取ります。
転入学通知書には転校先の学校が記載されていますので、指定された学校に電話で連絡し、転校の手続きを行いましょう。

転校先の学校には、在学証明書と教科書給与証明書(単位修得証明書)、転入学通知書の3つの書類を提出することになります。
提出すると正式に転校手続きが完了しますので、必ずこの3つの書類は持っていきましょう。
ただし学校によっては住民票の提出も求められます。

必要な手続きは、転校先が公立か私立により手続きが若干違う場合も多く、事前に確認も必要になります。
特に高校の場合は義務教育ではないことから自治体により手続きが異なります。
新旧住所地の自治体へ確認してみましょう。

私立へ転校する場合、事前に編入試験が必要になる場合があります。
高校の転校では欠員の有無と試験の結果次第で決まりますので、希望の高校に転校できるとは限らない点に注意が必要です。

運転免許の住所変更

運転免許は身分証明書にもなる重要な役割を持ちますが、引っ越しで住所が変わった場合は住所変更手続きが必要です。
引っ越し後15日以内と決められていますが、この期間を過ぎても特に罰則などはありません。
ただし、身分証明書としての効力を失ってしまうリスクがありますので、速やかに手続を行いましょう。

運転免許の住所変更は、各都道府県の運転免許センターか、自治体の管轄の警察署で行います。
ただし、警察署での手続きは即日変更できない場合もあるため、運転免許センターへ行くのが良いでしょう。

住所変更に必要な書類は、運転免許証と新住所が確認できる書類(発行3ヶ月以内の住民票・健康保険証・公共料金の領収書などいずれか)です。
この2つの書類を持ち、運転免許センターか警察署まで足を運びましょう。
もし代理人が手続きを行う場合、本人と代理人両名が併記された住民票、代理人の本人確認書類が必要です。

まず運転免許の住所変更手続きが可能な時間をチェックしておきましょう。
特に警察署の場合、管轄地域により時間・曜日が異なることがあります。
運転免許センターも受付時間がありますので、インターネットで調べたり、直接電話して聞いてみましょう。

受付時間を確認したら、その時間内に運転免許センターなどへ出向きましょう。
ほとんどの場合は、住所変更用の「運転免許証記載事項変更届」が備え付けられてあります。
これに必要な事項を記入し、窓口まで提出しましょう。
運転免許証記載事項変更届を提出する時に本人確認を求められますので、その場で新住所の住民票や健康保険証などを係員へ提出します。

運転免許証記載事項変更届を提出すれば、運転免許の住所変更手続きは完了です。
しばらく待たされるかもしれませんが、免許証の裏面に新住所を記載してもらえます。
免許証自体が新しくなるわけではありませんので気をつけましょう。

窓口で呼ばれたら、新しい住所が記載された免許証をチェックしましょう。
特に住所に誤字脱字が無いか確認することをおすすめします。
間違っていた場合は再手続きが必要なため、入念に確認しておきましょう。
住所に誤字脱字が無く、公安委員会の印が押されていれば正しく住所変更が完了しています。

関連記事

ページ上部へ戻る