ご近所への引っ越し挨拶

03.08

ご近所への引っ越し挨拶 はコメントを受け付けていません。

引越挨拶

引っ越しの挨拶のタイミングと時間帯

引っ越し後は当日~3日以内に挨拶を行いましょう。
挨拶に伺う時間帯は基本的に日中(明るい時間)です。
相手の迷惑にならないよう配慮する必要があるため、午前10時~12時頃に伺うのが良いでしょう。
ただ、家によっては昼は仕事などで不在にしている場合もあります。
もし伺っても不在だった時は、17時~18持頃にするのがベターです。

逆に朝の忙しい時間帯(7時~9時頃)は避けたほうが良いでしょう。
相手に対して迷惑がかかりますし、マナーとしても少々問題があります。

おススメの手土産ランキング

引っ越しの挨拶をする時は手土産を持参するのが通例です。
手ぶらはあまり好ましくないため、何か粗品を持参して伺いましょう。
しかし、何を持っていけば良いか迷ってしまうかと思います。
挨拶時に持参する手土産で悩んだ時は、以下の5つから選んでみましょう。

1位:お菓子

特に悩んだ時におすすめの手土産がお菓子です。
引っ越しの手土産では定番中の定番で、喜ばれることも多いのが特徴です。
お菓子はクッキーなどの傷まず日持ちがするものを選びましょう。
また、好みが分かれそうなお菓子や、匂いが強すぎるものも好ましくはありません。
スーパー・百貨店で売れられているクッキーの詰め合わせなどが良いでしょう。

2位:タオル

タオルも定番の手土産と言って良いでしょう。
1軒あたり1枚~2枚のタオルを手土産として持参する方は少なくありません。
こちらも嫌がる方は少なく、保管に困るものでもないためおすすめの手土産です。
似たような品物にはハンカチがありますが、これは絶対に持っていってはいけません。
ハンカチは手切れを意味するためマナー違反となります。

3位:洗剤

洗剤もおすすめの手土産と言えるでしょう。
食器用・洗濯用の2種類ありますが、喜ばれるものは洗濯用洗剤です。
食器用の洗剤は手荒れを起こす方も多く、ものによって好みが分かれてしまいます。
逆に洗濯用の洗剤ならそうした心配もありませんので、一つ持参するのもおすすめです。

4位:石鹸・ハンドソープ

石鹸やハンドソープも引っ越しの手土産で喜ばれる品物です。
ただし、オーガニックを重視する方もいるため、製品選びには注意したほうが良いでしょう。
悩んだ時は液体のハンドソープがおすすめですが、無添加のものが良いと考えられます。

5位:お茶

お茶も引っ越しの手土産に適している品物です。
日本茶や紅茶(ティーバック)を選ぶと良いでしょう。
しかし、高すぎるものは却って気を使わせてしまいます。
500円~1,000円以内のものを贈るようにしましょう。

手土産の熨斗紙の書き方

引っ越しの手土産には熨斗紙を付けるのがマナーと言われています。
そのまま手渡すのも気が引けるかと思いますので、手土産を購入したら熨斗紙を付けておきましょう。
ただし、生ものの食品を贈る際は熨斗紙が不要です。

熨斗紙は紅白の蝶結びになっている水引を選びましょう。
すでに印刷されたものも売られてはいますが、手書きする際も書き方は非常に簡単です。
表書きの上段中央と、下段中央に分けて書くことになります。

まず表書きの上段中央には、「粗品」あるいは「御挨拶」と書き入れましょう。
引っ越しの手土産では、このいずれかを書くのがマナーです。
他の文言などはいっさい書かず、粗品か御挨拶のどちらかを書きましょう。

引っ越し先が遠く、新居の近所で挨拶回りをする場合は「御挨拶」と、現在住んでいる場所で配る時は「粗品」と書くのがマナーとされています。
例えば引っ越し先の挨拶回りでは「御挨拶」と書いた手土産を、旧居の近所で挨拶回りをする場合は「粗品」と書きます。
新居へ引っ越した場合は「御挨拶」と書くのが一般的です。

一方の下段中央には自分の名字(贈り主)を書き入れます。
例えば田中さんなら「田中」と、佐藤さんなら「佐藤」と書きましょう。
ただし、上段中央の「粗品」・「御挨拶」よりは小さめに書くことが重要です。

以上2箇所を書き入れれば熨斗紙は完成します。
ただ、熨斗紙への書き入れは墨を使用するのがマナーになっています。
毛筆を使用するか、持っていない方は筆ペンで書き入れると良いでしょう。
もし書き間違えた場合やずれてしまった場合は修正せず、新しく書き直しましょう。

全て書き終わったら手土産へ熨斗紙を貼り付けます。
先に貼り付けてしまうと書きづらいばかりか、手土産に墨が写ってしまう場合もあります。
うっかり間違えないよう注意しましょう。

なお、熨斗紙は外熨斗と内熨斗の二種類があります。
一般的には外熨斗を使用しますが、地域によって若干マナーが異なります。
関東では外熨斗を使い、西日本では内熨斗を使う方が多くなっていますので、地域により使い分けると良いでしょう。
しかし、西日本で外熨斗を使用しても問題はありませんので、分からない時は外熨斗がおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る